高校中退しても就活を勝ち抜く方法

高校中退しても、就活を勝ち抜く方法

 

求人や条件に差がある現実を受け入れよう

 「高校中退」の理由は人それぞれでしょうが、安易な決断はおすすめします。なぜなら、高校を中退して就活を始めると、「中卒」と「高卒」の間には、大きな隔たりがる現実を突きつけられるからです。義務教育を終えただけの中卒者は、社会経験が乏しいと判断されがちです。社会人としての常識や、協調性に欠けるのことを、企業側が懸念するのでしょう。では、そうした現実の中、就活に勝ち抜くためには、どんな方法があるのでしょうか。

 

就活を有利に進めるためにできること

 高校中退であっても、自己PRできることがあれば、採用担当者の目にとまりやすくなります。では、就活前にどんな準備をしておくとよいのでしょう。

 

ここがポイント!
  • アルバイトを含めた社員教育を実践しているフードチェーンなどで、責任者を任されたり、表彰される
  • 高校認定資格をとる
  • 簿記やITスキル、運転免許など、仕事内容に直結する資格をとる
  • 転職エージェントやハローワークのわかもの支援を活用し、就職をサポートしてもらう
  • 無料のスキルアップセミナーには、できるだけ参加するようにする

 こうした行動が伴う努力は、企業採用者にとっては魅力です。実践して、応募書類に記入すれば、書類選考の通過率をアップできます。

 

言葉遣いや立ち居振る舞いに気を付けて、好感度をアップ

 次に覚えておきたいのは、面接の攻略法です。敬語で話せるように練習する、ドアの開け方、椅子の座り方などを勉強しておきましょう。転職エージェントやハローワークに登録すると、模擬面接を受けることができます。プロとの練習を通して、気が付くことも多いと思いますので、できるだけ受けるようにしましょう。その際、採用担当者がチェックするポイントを教えてもらい、自宅でも練習をくり返すと自しっかり身に付きます。

 

将来、キャリアアップを目指したいなら

 高卒認定資格をとらない限り、あなたが「中卒」であることは、ずっとついて回ります。それが弊害になり、給与格差が広がることもあるかもしれません。ですが、仕事で実績を残して、ヘッドハンターの目に留まるようになれば、もう学歴など関係ないのです。自分の未来は、自分でつくるもの。だからこそ、いまできる最大限の努力を積み重ねていきましょう!