推薦で採用試験を受ける場合と、自由応募をする場合

目次

1:準備と心構え 
2:求人応募 ←今ココ
3:履歴書の作り方
4:面接対策
5:入社準備

 

 7月1日以降になると学校に求人票が届けられるようになります。高校の就職活動については、無秩序な就職活動で混乱が起きないように、ハローワークを介する事が義務付けられていて、どんな会社を受けてもいいという事ではありません。求人を探す時には、必ずハローワークと学校を通すということを把握しておきましょう。

 

学校からの推薦で会社の採用試験を受ける

 高校生の就職活動は、高校からの推薦で会社の採用試験を受けられます。学校から推薦された学生ですので、自由応募と比べると合格しやすいというメリットがあるでしょう。推薦での採用試験を希望する場合には、推薦枠を勝ち取る必要があります。ライバルに勝って推薦をもらうには、成績、部活、学校生活の態度などが優秀でなければいけませんので、努力が必要になりますね。

 

自由応募として求人を探す

 7月1日以降になると、求人票が公開されて次々と学校へ届き始めます。様々な仕事がありますので、まずはどんな求人があるのか情報を収集してみましょう。職種、仕事の内容、給与、保険、会社の事業など、実際に求人票を見て確かめてみます。
 興味のある分野にはどんな職種があるのか、興味のある職種に関してはどんな会社の求人が来ているのかなども調べてみましょう。求人票には沢山の情報が書き込まれていますが、不明な点があったら先生に質問して必ずクリアにしておく事が大切です。

 

会社説明会に参加してみる

 興味のある会社を見つけるためにも、会社説明会に参加してみましょう。どんな会社があるのか知るだけでなく会社への興味が沸くこともあります。また、入社を希望している会社の説明会であれば、必ず参加しておくことが大切です。日程をチェックして、忘れないように出席申込をしておきましょう。

 

 求人探しについては、興味のある分野の職種や会社を探す事から始めて、求人票に記入されてあることをきちんとチェックしながら志望する会社を決めるのがポイントです。次の記事では、履歴職の書き方や自己分析について説明しています。

 

【参考記事】