内定をもらった後の注意点と準備

目次

1:準備と心構え
2:求人応募
3:履歴書の作り方
4:面接対策
5:入社準備  ←今ココ

 

 内定通知が届いたら、晴れて新入社員として社会人生活がスタートします。今まで社会人としての経験がない学生から、一歩足を踏み出して職場で働く事になりますが、入社するまでにしておいたほうが良い事や、注意しておくべきことを紹介します。

 

学校推薦で採用試験に合格した場合の注意点

 学校の推薦で会社から内定を貰った場合の注意なのですが、内定の辞退はしてはいけません。会社から学校に来る求人のひとつになりますので、一度でも内定を断ってしまったら来年から推薦の求人が来なくなる可能性があるのです。次の年に就職活動を控えている後輩に対して迷惑がかかる事になりますので、学校推薦で貰った内定については断らないようになっています。

 

社会人としての生活習慣に挑戦してみる

 入社して社会人としての生活が始まったら、社会人としての生活をしなくてはいけません。学生の感覚が残っているままだと、入社したあと急に社会人として振る舞うのが難しいですので、社会人の生活習慣に挑戦してみましょう。
 挨拶や敬語を含めて、大人が使っている言葉遣いの練習をしてみると、自分が想像している以上にぎこちなかったりします。時間については5分前に行動できるようになっておくと、社会人になってからが楽でしょう。健康面や体力面については自分で管理する必要が出てきますので、風邪を引いたり体調を崩さないように気をつけましょう。

 

入社の際に必要なものを準備しておく。

 何を準備しておくと良いのかを確認して入社までに用意しておきましょう。書類や証明書などの他に、仕事をする上で必要なものがあるかもしれません。入社した後スムーズに仕事が始められるように、必要な物は全て準備しておく事が大切です。

 

 社会人になったらやってみたいことや、叶えたい夢が沢山あると思います。○○になりたい!○○の仕事がしたい!という目標に向かってまっすぐ進んでいくでしょう。就職活動中に意外と有効なのは、夢や目標をあと一歩前進させて、どんな能力を身につけて、どんな人を助けたいのか、役に立ちたいのかを決めてみる事です。将来自分がどんな風に活躍しているのか、具体的なイメージをする事でさらに夢や目標に近づく事ができるでしょう。

 

 

【参考記事】