就職の可能性を左右する志望動機

誰が読んでもクリアな志望動機を

 

 自分の中では確かにそれが志望の動機となっている、しかし他人が目にした時にちょっと明確さが足りない。そんな志望動機を履歴書に書いてしまったら、なかなかあなたの思いは伝わらないのかもしれません。

 

 誰が読んでも、その内容に共感できるかどうかは別にして、確かに明確な志望動機があること、これが大切。就職経験がないと、なかなか能力との照らし合わせで志望動機を書いていくのは難しいのですが、抽象的な気持ちや価値観が上手く表現できれば、逆にポイントは高くなるでしょう。

 

 あなたの心の中にどんな動機があるのか、そしてそれを言葉の上でどう表現するのか。これが一致を見てこそ、意味のある志望動機となるのです。就職できるかどうかもこの出来に大きく関わってきます。熟慮し、推敲しながら書いていくようにしましょう。

その会社にしかマッチしない志望動機を

 

 履歴書に志望動機を書いていく上で、もうひとつ重要なことがあります。応募する会社にしかマッチしないような内容でまとめておくことです。

 

 誰が読んでもわかるような志望動機を書かなければダメですが、それは、どんな企業にも対応できてしまう志望動機であるとは限りません。限らないというよりも、それではダメなのです。

 

 必ず、その企業だからこその動機、その企業の人事担当者が読んで、「なるほど、だからウチの会社に応募したのか」と思ってもらえるような動機、これでなければなりません。

 

 

【関連記事】