就職活動と平行して行うべきは体調管理です

学生とは異なる過酷な社会で生き抜くために

 

 どういった理由で高校を中退してしまったのかはわかりませんが、もしその状態から就職を目指すのであれば、相当な覚悟が必要となるでしょう。特に体力面や精神面を十分に整えておくことは必要不可欠です。仕事をするということは何となく想像できても、体力や精神をどれだけ消費するのかは、実際に働いてみないとわかりません。

 

 そうなった時に対応できるよう、就職活動と平行して体調管理の意識を高めておく必要があるのです。もしこれを怠ったまま就職すれば、きっとすぐにボロボロになってしまうでしょう。体調管理に必要な意識や考え方を基本から学んでおくようにしてください。

 

 

体調管理の基本は食べる・寝る・発散する

 

 体調管理の基本と言えば、食べること、寝ること、そして発散することです。たくさん食べればいいというわけではありません。社会人になってまで好き嫌いをしているのは格好悪い。もしそうしたものがあるならばそれを克服し、何でもバランスよく食べることが体調管理には求められます。

 

 寝ることに関しては、熟睡することが何よりも大事。そうなるような環境作りやメンタルの整理などが必要となるでしょう。

 

 発散するとは、ストレスのこと。息抜きを覚えたりストレスのはけ口を見つけておくことが大事。それだけでも結構乗り切れたりするものです。

 

 

就職前から体力作りに取り組もう

 

 食べる・寝る・発散することと共に行っておきたいのが、体力作り。運動が苦手な人には嫌な響きかもしれませんが、体力がなければ仕事についていくことができず、それによって精神面もやられ、ますます働き続けることが困難になる可能性が出てきてしまいます。

 

 激しい運動を毎日続ける必要はありません。数日に1度ランニングやウォーキングをしてみるとか、週に1度スポーツで汗を流すとか、その程度から始め、自分にピッタリな体力作りの方法を見つけていきましょう。

 

 体調管理で重要なのは、とにかく始めること。始めてから自分に合っているか否か、続けられるか否かを判断した方が、理想の身体を心を作り上げる時間を短縮することができるはずです。

 

 

【関連記事】