高校中退の就職活動にかかる時間

希望する業界や職種で変わる

 

 高校中退のあなたが、正社員としての採用を目指して就職活動を始めるとき、予想以上に応募可能な求人が少ないことに気づくはずです。というのも、大抵の場合は最低学歴を高卒以上にしていることが多い、さらに社会人として働いた経験のない高校中退者は、新入社員として一から育てなければならないため、手間がかかると敬遠する企業が少なくないからです。

 

 「学歴不問」「未経験者OK」で大量募集している企業の中には、ブラック企業が紛れている可能性が高く、長続きしないことで、その後の転職活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 また、パートやアルバイトとして働いた経験があるかないかでも、応募した後に書類選考を通過する確率が変わります。業界や職種によっては、スキルや資格を持っていることが前提になることもあるので、きちんと調べたうえで、目指す就職の形を決めましょう。

 

働きながら正社員を目指す方法もある

 

 とはいえ、普通に就職活動を行っているだけでは、なかなか正社員採用されないのが現実です。だとしたら、まずはパートやアルバイトとして働きながら、正社員になるのを目指してみてはどうでしょう?

 

 飲食店などのサービス業では、社員登用制度のある企業が多いです。パートやアルバイトとして働きながら、その制度にチャレンジできる資格を自分が身に付けるのです。

 

 経験のある仕事ですから、未経験で正社員就職するより、グッと確率があがるはずです。同様に、派遣会社に登録して、一定期間を経過し、企業と本人の双方に異存がなければ正社員採用するという、「紹介予定派遣」の仕事を紹介してもらうという方法もあります。

 

 わかものハローワークなども、積極的に活用しましょう。

 

 

【関連記事】