就職の進め方

学生とは異なる過酷な社会で生き抜くために

 

 どういった理由で高校を中退してしまったのかはわかりませんが、もしその状態から就職を目指すのであれば、相当な覚悟が必要となるでしょう。特に体力面や精神面を十分に整えておくことは必要不可欠です。仕事をするということは何となく想像できても、体力や精神をどれだけ消費するのかは、実際に働いてみないとわかりません。

 

続きを読む≫ 2015/09/07 11:22:07

希望する業界や職種で変わる

 

 高校中退のあなたが、正社員としての採用を目指して就職活動を始めるとき、予想以上に応募可能な求人が少ないことに気づくはずです。というのも、大抵の場合は最低学歴を高卒以上にしていることが多い、さらに社会人として働いた経験のない高校中退者は、新入社員として一から育てなければならないため、手間がかかると敬遠する企業が少なくないからです。

 

続きを読む≫ 2015/09/01 16:08:01

就職する目的をクリアにすること

 

 就職というのは、大人になればして当たり前のことと捉えるのが世の常。そこに特に疑問を感じる人はあまりいないのです。大学を卒業している人も、そんな気持ちで就職活動を行っていきます。

 

 高校を中退した人はどうでしょうか。もしかしたら就職というものにどこか疑問や違和感を感じている人も少なくないかもしれません。それでも就職活動を行うのであれば、目的をしっかりと見出しておきましょう。見出しにくいからといって、この作業を放棄しないことです。

 

 目的がクリアになればなるほど、取るべき行動も見えてきます。就職活動そのものをクリアにすることになり、活動にも積極性や努力を惜しまない気持ちが芽生えてくるでしょう。

続きを読む≫ 2015/02/24 14:12:24

就職活動は自分自身を知ってから

 

 自分が何をしたいのか、何に向いているのかを知らずに就職活動を行うのは、自分が泳げるかどうかわかりもしないのに、「海が綺麗だったから」という理由で飛び込んでしまうようなもの。とにかく危険なのです。

 

自己分析は、大きな海を泳ぎ、目標の島に辿り着いたり見たかった魚を見るために、適切な泳ぎをマスターしておくようなもの。自分を知ることで、就職活動を有利に進めることができるのです。

 

 この作業を適当に、あるいは中途半端なままにしないように気を付けましょう。何ヶ月も費やすと計画が狂ってしまいますが、曖昧なまま就職活動に飛び込まない方が身のためです。

続きを読む≫ 2015/02/24 14:11:24

計画が立てられる人は就職上手

 

 何のために就職活動の計画を立てるのかわからない人もいるかもしれません。大きな理由としては、ダラダラとした活動にしないことと、やるべきことひとつひとつを明確にすることで、確実に就職に近づくことができる点。

 

 この計画は誰のためでもなく、あなたのためのもの。高校を中退した人は、こう言ったらなんですが、なかなか計画を立てるのが上手くない可能性もあります。ゴール地点を定めて動くのが苦手なのです。

 

 でも就職活動では、その考え方や感覚のまま動くことはとても危険。ある程度のビジョンを見据えて計画を立て、それに導かれるように行動していきましょう。計画が上手に立てられる人は、それだけ就職に成功しやすいと言えるのです。

続きを読む≫ 2015/02/24 14:10:24