書類が通過する履歴書の書くにはどうすれば良いでしょうか

書類が通過する履歴書の書くにはどうすれば良いでしょうか

 

 一般的に、転職の場合には応募書類を手書きにする必要はありません。ただし、企業によっては、JAS規格などを指定して手書きで提出を指定してくることころもあります。しかし、一般的にはパソコンで作成して応募するようになりました。履歴書を作成するために気を付けることは、できるだけ見栄えの良いカラー写真を貼り押印します。また、学歴や職歴はレイアウトの体裁をよく整えることが重要になります。

 

 職務経歴書は、年齢が上がるほどその枚数が多くなりますが、できれば1〜3枚程度に抑えるようにしましょう。基本的に、採用担当者が興味を示すような職務内容であれば、問題ありません。しかし、そうでなければ、情報処理能力が低いと思われてしまいますので、これ以上多くなることはNGです。特に、採用担当者は、日々何十人という候補者の履歴書をみています。そのため、誤字脱字やレイアウトが悪いような職務経歴書は、目にとめることなく、その段階ではじきます。

 

 採用担当者の目に留まる履歴書は、企業が採用したいスキルや経験、資格がしっかりと整理されたものである必要があります。そこで、単なる経歴を時系列に並べるのではなく、どこがどのようにマッチングしているのかを強調して書きます。あくまでも、職務経歴書は、自分を売り込むためのカタログだと考えるとよいでしょう。また、できるだけ太字や下線などを交えて伝えたいことを強調すると、レイアウト的にも読みたいと思われる応募書類になります。