就職活動を成功させるポイントは

就職活動を成功させるポイントは?

 

 就職活動をする場合、自分のやりたいことをできる企業かということを考えながら、主体的に活動することが大切です。一般的に企業の面接では、最初に説明会から始まり、1次面接、最終面接となります。そのため、説明会で態度が悪かったり、仕事とは関係のない待遇などの質問をすることは、面接に進めない要因になります。ここで、自分が落ちた要因がわかるかどうかが、次の就職活動を成功させられるかどうかの別れ目になります。

 

 就職活度を成功させるためには、面接では背筋を伸ばしてすわり、面接官の説明をしっかりと聞き、関連した質問をします。志望動機や自己PRは、自分がどう感じて、どう思うのかということを、主体的に採用担当者に伝える必要があります。特に志望動機は、事前に企業の業務内容や業界研究をしっかりとしておくと、質問に対して興味があるということをアピールできます。間違っても、「皆がやっているから」とか「親がすすめるから・・・」など、他者に流されて活動をすると就職活動は失敗する傾向にあります。

 

 就職活動では、何十社と応募して説明会に行くかもしれませんが、毎回企業研究はしっかりとして、自分が本当に働きたいと思える企業であるかどうかを確認しましょう。そのためには、自分自身の適性や性格的な要素も理解しておくと、スムーズに進めることができます。そして、それが就職する場合の軸となるはずです。これさえしっかりしていれば、面接官からどんな質問をされても躊躇なく回答できて内定を勝ち取れるでしょう。