転職する前と後でイメージの違い

 正社員として勤めていた会社に不満を感じていたので転職を考えました。理由としては年収の低さと、給料に見合った仕事の内容ではないと感じました。設計課に所属し、会社の中心的な役割を担っているものの、他の部署と同等の給料に不満でした。

 転職を考えた企業は同じ職種であり、設計という業務を継続できることを条件としていました。ちょうど設計者を募集していたので応募をしました。この会社の事を知ったきっかけは人材紹介会社からの紹介でした。

 

 人材紹介会社の担当者からはこの企業の情報を教えてくれて、給料やボーナスについても目安として教えてくれました。その情報に満足していたので、実際には給料についての交渉はしませんでした。

 

 面接を受けて内定を頂けたので入社をしました。面接の際には会長や社長がしっかりしているという印象で、難しい事にチャレンジしている会社だと感じ魅力を感じました。

 

[参考]
http://xn--gmqu3m92w31l.net/
正社員の求人に応募するときの注意点を見ておこう。

 

通信講座資格
就職で役立つ通信講座の資格を参考にしてください。

 

 実際に入社して気づいたことは、仕事量が少なく暇な時が多かったです。もっと厳しい会社だと感じていたのですが、堅苦しくなく自由に仕事をやらせてくれるスタイルでした。給料については以前の会社と同じ位でしたが、ボーナスがほとんど出なく、聞いていた情報と違って残念でした。